NPO(特定非営利活動)法人 あったかハウス│愛知県名古屋市

    HOME

あったかハウスって?

あったかハウスは、夫婦が離婚した後、子どもとお父さんやお母さんが新たな信頼関係を築けるよう願って、設立されたNPO法人です。

両親が離婚のトラブルを抱えていたら、子どもたちはとても傷つきます。喧嘩が絶えなかったり、別居したりしていても同じです。子どもたちは心配、不安、孤独、怒り、悲しみ、苦しみ……傷ついた気持ちを誰にも打ち明けられず、日々暮らしています。

「あったかハウス」は平成24年春、そんな子どもや親たちを支援しようと、家庭裁判所の元調査官や調停委員などが中心となって設立されました。

子どもたちの心のケアを大切にしながら、離れて暮らす親子の面会交流をお手伝いするほか、悩みを抱える人たちの相談にのるなどさまざまな活動に取り組んでいます。

新着情報

(過去の「新着情報」はこちら

面会交流広場は7月から全面的に通常に戻ります。


東山動物園会場は、新型コロナウィルスのため入場が予約制だった6月には鶴舞公園会場で実施しましたが、制限の解除に伴い7月からは東山動物園で実施します。 鶴舞公園、大須・白川公園会場はこれまで通りです。

ただ、新型コロナウィルスの感染リスクがなくなったわけではありません。 皆さん、体調にくれぐれも気を付けてご参加いただきますようお願いいたします。

「子の受け渡し面会交流支援」


4月から「子の受け渡し面会交流支援」をスタートさせました。

 面会交流広場とは違い、個別の支援です。

行うのは原則土曜日か日曜日の午前9時30分~午後5時以内。
同居親と別居親は別々の指定された場所に来ていただき実施します。

手続は同居親、別居親の双方からの申し込みが必須。
事前面接でOKとなれば、支援するスタッフを複数人決めて行います。
詳しくは、 個別型の面会支援 の項目をご覧ください。


昨年のおでかけプロジェクト


昨年(2019年)、全労済の地域貢献助成事業の助成を受け、初めての試み「おでかけプロジェクト」を実施しました。

8月3日は名古屋港水族館を会場に開催して、3組5人が参加。
9月14日は名古屋・金城ふ頭のリニア・鉄道館に行き、5組7人が楽しみました。

全員があったかハウスの利用者で、月に1回の決まった会場とは違う「面会交流」体験は、「またとない機会」と好評でした。
リニア鉄道館

サイトマップ

ホーム

 〇あったかハウスって?
 〇新着情報
 〇サイトマップ

面会交流広場

〇あったかハウスの面会交流広場の概要
  1.特徴
  2.スタッフ
  3.会場
  4.登録期間・登録料・賛助会費・事前面接
  5. 申し込み、登録方法
〇会場の詳細
  ・鶴舞公園面会交流広場
  ・大須・白川公園面会交流広場
  ・東山動物園面会交流広場


個別型の面会支援(子の受け渡し面会支援)

〇子の受け渡し面会交流支援
  1.特徴
  2.実施日
  4.集合
  5.申し込み方法
  6. 費 用

その他の活動

 〇無料電話相談
 〇面接相談
 〇親のためのカウンセリング
 〇子のためのカウンセリング
 〇お出かけプロジェクト
 〇セミナー&集い

ほのぼの基金


サポートのお願い

 〇あったかハウスの略歴
 〇財政(毎年1回更新)
 〇入会のお申し込み
 〇サポートについてのお問い合わせ

アクセス

 〇ご意見・お問い合わせ
 〇アクセス・地図
 〇お問い合わせフォーム


 〇プライバシーポリシー
ページのトップへ戻る